武術家としての人生7「武術と動物」

Loading video
武道家というのは、戦いによって人をたくさん傷つける。それを懺悔する意味でも、動物を大切にしなければならない。それは日本で昔から言われている「生類あわれみの令」につながっている。イギリスのロンメル将軍も動物を大切にしていた。自分も小さいときから動物は好きだった。一緒に動物と寝起きして初めて動物と気持ちが通じる。
再生回数 10395

コメント数

2 個
Memoro Japan Administrator
2013/09/10
This video supports the project "Memoro - the Bank of memories", a no-profit project that collects video memories of people born before 1950 and share their content online in order to share it with current and future generations.

Please if you like the video above, do not try to download it, but just link the URL of this page in order to keep the original idea of supporting this initiative.

Thank you so much for your collaboration.

Memoro Japan
bugmenot
2010/10/02
「イギリスのロンメル将軍」だって?ちょっと恥ずかしい間違いじゃないですか?

「イギリスのJoe Vaughan少佐、(ドイツの)ロンメル将軍と戦った僕の友達」と言っています。