B29の襲来 (Air Raid of B29)

Loading video
終戦当日まで日本の敗戦は信じていなかった。戦争の末期(中学生当時)になるとB29が襲来して来て、町内の男たちはB29に対抗するために竹やりを持ったり、近くの高射砲陣地から対空砲火をするものの、B29までは届かず無念の思いをする。
その様な状況でも日本が負けるとは思っていなかったが、そのB29からの爆弾攻撃で火の海と化していた。数日後、焼け野原となったとこからは、建物が無くなっていたために横浜港まで見える状態であった。非常に怖い思いをした。
再生回数 5318

コメント数

0 個