「包装資材」という言葉の登場

Loading video
ミカンの段ボール箱を始め、ロープ、紐、さらに紙袋やスーパーのレジ袋、ポリ袋、食材用のトレ―、パックなど、様々な「包装資材」を扱う卸商を経営して半世紀。
一般消費者を対象にした業務ではなかったため、初期は「包装資材」という言葉すら世間には知られておらず、説明にも一苦労でした。業界の知名度アップのため、様々な知恵をひねったものです。
再生回数 4706

コメント数

0 個