子どもの頃の戦争の思い出 (2)

Loading video
開戦当時9歳で、小学生でした。生活は戦争一色になり、小学校も例外ではありませんでした。授業はほとんどなく、兵隊に送る慰問袋を作ったり、勤労奉仕で稲刈りをしたり、飛行場を造ったりしました。苦しい思いをすればするほど「負けないぞ、討ちてし止まん。」と思ったものでした。 ビデオに出てくる絵は、当時を思い出して描いたものです。
(撮影 2010年3月9日)
再生回数 4750

コメント数

0 個