強制疎開の記憶②

Loading video
終戦になり、元の家があった場所に戻ってきたが、すでに他人が住んでいた。自分の家が壊されたとき、工場をを営んでいた父は、社名の看板を一緒に疎開させた。
再生回数 120

コメント数

0 個