段ボール製の「みかん箱」が生まれるまで

Loading video
愛媛県はミカンの産地。県内各地で、温州みかんや伊予柑など様々な柑橘類が栽培されています。収穫したミカンを東京や大阪など全国に輸送する際、かつては木箱を使用していましたが、昭和30年代に入って専用の段ボール箱が開発され、その後広く一般化して、ミカン以外の果物や野菜などにも利用されるようになりました。開発までの秘話をご紹介します。
再生回数 4075

コメント数

0 個