私のレスリング人生 Part1「レスリングとの出会い」

Loading video
スポーツ万能だった若い頃、レスリングに導いてくれたのはいとこだった。
零下40度以下にもなる環境で鍛えられた高校時代。24時間合宿体制で先輩の食事、風呂、靴磨きまでこなさなければならなかった厳しい生活は、指導の先生の「愛の鞭」によるものであった。
再生回数 4957

コメント数

1 個
長島光男
2010/10/21
普通の人が、あまり経験したことのないレスリングへの思いや、厳しい練習の話を興味深く聞けました。零下40度の環境でも練習を行わなければ、オリンピックには出られないのですね。どのようなジャンルの世界でも、集中して何かに打ち込むことの大切さを教えられました。