終戦を告げるラジオ放送

Loading video
駅のポスターにその日の昼に重大な放送があると貼ってあった。その事を叔母さんは、”天皇陛下からもっと精を出して働きなさい”と言う事を放送するのではないかと言っていた。
昼の12時に天皇陛下からのお言葉は、当時小学校4年生であった自分には何を言っているのかよくわからなかった。ただ、悲しそうな声であったので良い話では無いと思っていた。
ラジオからは”無条件降伏”というアナウンサーの話があって、日本が負けたと事を知って非常に驚いた。
再生回数 4516

コメント数

0 個