武術家としての人生1「武術を始めたきっかけ」

Loading video
戦争という時代と酒好きの父親という家庭の事情で武術を始めた。酒を飲むと暴れる父親を沈めるには武術が必要だった。実家は魚河岸問屋だったため、刃物が多くあり、その危険から身を守るために必要にせまられた。そのおかげで、度胸と危険の予測ができるようになった。戦後、ボクシング、柔道、サッカーなど色々なスポーツをし、外国人にも柔道を教えていたが、本物の古武道
を覚えたいと思い、実戦武術家の高松寿嗣のもとへ入門する。
再生回数 14810

コメント数

1 個
Memoro Japan Administrator
2013/09/10
This video supports the project "Memoro - the Bank of memories", a no-profit project that collects video memories of people born before 1950 and share their content online in order to share it with current and future generations.

Please if you like the video above, do not try to download it, but just link the URL of this page in order to keep the original idea of supporting this initiative.

Thank you so much for your collaboration.

Memoro Japan