童謡と街の風景

Loading video
子どもの頃から童謡が大好きだった高橋さん。その頃の童謡の歌詞は、街の風景そのものだった。ある日チンドン屋の演奏につられてついていった高橋さんは迷子になってしまった。
再生回数 516

コメント数

0 個