終戦直後の食糧調達

Loading video
村山さんは小学校6年生で終戦を迎えた。飛騨高山市内は雑草すらもないほど食べものは何もなかった。長女の村山さんは、32キロも離れた親戚に、食べ物をもらいにいった。
再生回数 1472

コメント数

0 個