華道家として生きて(1)いけばなとの出会い

Loading video
1974年頃のお話。父親の店でホールをまかされていた岩田氏は、近所の花屋さんに頼んでいた店内装飾のいけばなに満足できず、自分でいけばなを習いに行くようになりました。お教室は60人くらい女性ばかり。とても緊張したそうですが、次第に週1回のお稽古が楽しくてしょうがなくなってきて、「これは自分にとって一生の伴侶になる」と直感したそうです。
再生回数 2882

コメント数

0 個