飛騨の伝統料理「汐ブリ」を伝える

Loading video
飛騨高山にはお正月だけに食べる「汐ブリ」という伝統料理がある。海から遠い飛騨高山にブリを運ぶには、峠を越えなければならず日数がかかるため「塩」に漬け、発酵させるという「汐ブリ」が生まれた。小笠原さんは飛騨高山の伝統料理「汐ブリ」を作り続けて50年のベテラン職人。高山では「汐ブリ」の匠と呼ばれている。小笠原さんに「汐ブリ」を伝えるということのご苦労についてお話をうかがった。
再生回数 656

コメント数

0 個