武術家としての人生2「高松先生との出会い」

Loading video
古武道の本物の先生と言われる高松寿嗣に弟子入りした。初めてあったときは緊張して体が動かず、酒を勧められたが一滴も飲めないほどのすごさを感じた。自分は27歳で死ぬと思っていたが、高松先生に会ったときはちょうど27歳。その時、過去の自分が無くなった気がした。その後も15年間、先生の前では酒は全く飲めなかった。実戦を行っていた高松先生に教えを受けたことが、自分にとっては何よりも強みとなっている。
再生回数 6867

コメント数

1 個
Memoro Japan Administrator
2013/09/10
This video supports the project "Memoro - the Bank of memories", a no-profit project that collects video memories of people born before 1950 and share their content online in order to share it with current and future generations.

Please if you like the video above, do not try to download it, but just link the URL of this page in order to keep the original idea of supporting this initiative.

Thank you so much for your collaboration.

Memoro Japan