戦争中の食べ物の思い出

Loading video
冨田元次が戦争中の食べ物の思い出について語ります。小学校一年生の時に戦禍が激しくなり東京から岡崎に疎開。食事は質素で、お弁当に白米を持っていくと学校の先生に怒られました。また、先生が窓から見ていて、30回噛んでいないと怒られました。代用そばは今でも食べたい懐かしい味です。
再生回数 24002

コメント数

2 個
jonny55
2014/07/30
That was amezing speach


irenedurbano
2010/09/12
I'd like to learn japanese language, it's very beautiful !

-----------------------
Irene Durbano